気になる歯の構造、何故虫歯になる?

| 未分類 |

歯の表面は、エナメル質でできており、歯科などで削っても痛みはほとんど感じることはありません。
間違った方法でブラッシングをしていたり、力を入れて磨いていると、歯のエナメル質の表面が削れてしまうことがあります。
歯の構造は、表面は硬いエナメル質で出来ていて、内部のほとんどは象牙質で作られています。
普段食べている食品の中には、酸が入っているものが多いですし、磨き残しなどで歯垢や歯石が付いていると、原因になっている細菌が酸を出すので、酸蝕歯の原因になってしまいます。
歯の表面が酸で溶けている初期虫歯の場合は、痛みはほとんど感じませんが、象牙質まで侵されると、冷たいものや熱いものを食べたり、飲んだりした時にしみたり、痛みを感じるようになります。
酸蝕歯を予防するためには、食後に丁寧に歯磨きをするようにしたり、歯間ブラシや糸ようじ、デンタルフロスなどを使って、歯垢をきちんと取り除いておくことが大切です。
体の免疫力が低下した時は、口腔内の環境が悪くなって、虫歯菌が増殖しやすくなるので、健康管理をきちんと行うことが大切です。
甘いジュース類やお菓子類、ワインなどが好きな方は、摂取量を控えるようにして下さい。
酸蝕歯に気付いたら、早めに歯科で受診をするようにして下さい。