歯を黄ばませる食べ物に注意

| 未分類 |

日本人は歯が黄色いイメージをもたれることが多いのですが、審美歯や歯並び、ホワイトニングには無頓着といわれています。
古来から、日本人の食生活には歯を黄ばませるものはあまりなく、むしろ虫歯になるような食品も摂取しなかったのであまり気にすることもなかったのです。
しかし、戦後の食生活の変化に伴い、日本人の食べ物も大きく変わってきました。
特に日本人が好むカレーや、欧米化の象徴であるワイン、マッシュルームなどには歯を黄ばませる成分が多く含まれています。
食生活の変化にともない、こうした食材を多く使ったり摂取することで歯の黄ばみは加速してきました。
ワインにはポリフェノールが多く含まれており、体にはとてもよい成分です。
カレーも同様で、複雑に配合されたスパイスの数々は代謝促進や発汗、心肺機能の促進などに役立ちます。
味も日本人に好まれ、家庭によっては月に2~3度の頻度でカレーを作ることもあるようです。
ただし、困ったことに美味しいものに限って大きな反動つきもので、これらの食材も歯を黄ばませるのです。
食事をしたら30分以内にステインクリアタイプの歯磨き粉で歯を良く磨いておきましょう。
30分以内なら歯の汚れや黄ばみは落ちやすいですから磨きやすいです。