歯が黄ばむ原因の一つ、ストレス

| 未分類 |

歯が黄ばんでしまう原因の一つに、ストレスが挙げられるのをご存知ですか。普段からきちんと歯磨きをして、歯のケアをしている筈なのに、どうして黄ばんでしまうのだろうと思っている人は、原因が意外なところにある可能性があります。
人間は、心に大きな悩みを抱えてしまう事で、細菌を消毒する役割を持っている、唾液の分泌が減ってしまいます。そうする事で、口内の細菌を増殖させてしまうのです。唾液の分泌が減少してしまいますと、口腔内の洗浄作用が落ちてしまい、歯が黄ばんでしまいます。
また、悩みを抱えすぎる事で、吐き気や嘔吐を繰り返してしまう人も、歯が黄ばみやすいので注意が必要です。激しい嘔吐が引き起こしてしまう胃酸は、強い酸性です。ですので、吐き気を引き起こしてしまう度に、歯へのダメージが積み重なってしまい、歯が黄ばんでしまうのです。
歯の黄ばみは、単に歯のケアを怠っているだけではありません。何か大きな悩みを抱えている人は、出来るだけ早く、病院に行くなどをして、心身的なケアを心がけましょう。何もしないで放っておきますと、うつ病といった、精神的な病気を引き起こしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。規則正しい生活を心がけて、心に大きなゆとりを持つようにしましょう。